git challenge ♯11に出場しました!

git challengeとは

mixiさんの運営している学生向けのイベント。
gitにまつわるおもしろ問題を解く会。

当日の流れ

時系列順にあったことを書いていこうと思います。

10:40 受付開始

受付開始から15分ほど遅れること入場。
既にほとんどの参加者はこの時点で集まっていたようです。
ここで相方の青のりさんとのご挨拶タイム。後にわかったことですが、秋葉原でジャンク品を漁っては復元する系のプロの方でした。

多分11:00すぎくらい 説明兼LT開始

さっそく本日のルール等の説明がはじまります。
ルール説明に入るかなーというくらいのタイミングで、「参加者が一人来ていない」ということがわかりました。

犯人はこいつです。
待っていても埒が明かないので説明は粛々と開始。
この時点で問題の回答手順等がゆるふわにわかるようになります。
ちなみに本大会からスコアボードが新システムに変わったそうで、見てみたら中身がHaskellとElm製でした。
趣味が現れていて大変すばらしい!
ついでにこれはOSSなので問題さえ作れば誰でもこれでgit challengeが開催できちゃうらしいです!やったね!

たしか12:00くらい ランチタイム

ランチは隣のチームとかチューターさんとか人事の人とかが合わさって6人で食べました。
お弁当はなにやらお洒落で紐を引くと温まる系のアレです。
写真を見ていただければわかると思いますが、非常に見た目も綺麗でおいしかったです。

13:07 ~ 16:30 競技

Slackに残っていたのでこれは正確な時刻がわかりました。

事前に戦略は練ってあって、最初の二問の割り振りはじゃんけんで適当に決めて、後は順次解けた人からどんどんやっていこう、みたいなかんじでした。

最初のほうはペースが良かったのですが、3問ほど明らかに配点がやばい問題が存在し、その問題は1問も解けませんでした…

問題の詳しい内容は書けないのですが、普段からgitで怪しいことをしていると問題に対処はしやすくなるのかな、とは漠然と思いました。

16:30 LT&結果発表

LTがあったんですが、ここで私はトイレに行ってしまいほとんど聞いていませんでした…
話してくださったスタッフの方には申し訳ない。

帰ってきたら結果発表フェーズだったのですが、結果はこんなかんじとなっておりました。
私は下から3番目のJulietチームというのに所属しました。ポイントは22なので同率1位になれました。わーい。
1位のチームは3チームありましたが、景品が1チームぶんしか用意されていなかったらしく、速いもの順で1番だったうちのチームに商品贈呈という流れになりました。わーい。

調子に乗ったツイートですが酒入ってたんで許してください。

景品はメダルとパーカーでした。 パーカーのほうは後ろに謎のコミットツリーが書いてありました。 やばそうなコミットツリー。私だったらこんなツリー怖くて触れないです。そもそもmergeコミットをrevertしないで欲しい。。。

その後は問題解説です。
アンケートを取りみんなが解説してほしい問題を3,4問ほど解説していただきました。
私は結構邪道な方法でいくつか解いていたみたいで、解説を見てはじめて問題の意図を知る、なんてものもありました。

その後 ~ 19:30くらい

最後に懇親会があって解散、という流れでした。
料理が出たり、お酒が出たり、おしゃべりしたり、解説延長戦をやったりといったかんじでした。

ケーキも出たのですが、見ての通りかわいいかんじで味も美味しかったです。

感想

一番にあるのは優勝できて嬉しかったなぁということです。
あまり賞みたいなものに縁がないので貴重なメダルとなりました。

それと、問題を解くのは普通に面白かったですね。
問題の難易度設定として「ちょっと頭をひねれば解ける」ようなものが多かったのでどんどん解けていって気持ちよかったです。

あとは参加者の方々とのお話が結構面白かったですね。
私自身はWeb系の人間ってかんじではないのですが、それでも社員さんのお話を聞いたり懇親会で参加者の方とお話するのは新鮮なものもあり慣れ親しんだものもありで楽しかったです。

非常に満足だったので周りにも布教しておこうと思います。
mixiさん、ありがとうございました!

comments powered by Disqus